加藤浩次の年収が実話凄いですスッキリ 1回のギャラに驚きです!

トレンド

キレのある突っ込みと、コロコロと表情を変え、話題によって周囲の雰囲気も一変させることができる加藤さん。

最近では、「お笑い芸人」というよりも、コメンテーターやニュース番組のMCなどを積極的にされている印象ですよね。

そんな加藤さんですが、年収がとんでもな額だということが話題になっています。

今回は、加藤さんのことを詳しく解説していきながら、「年収はいったいいくらなの?」という疑問にフォーカスしていきたいと思います!

加藤浩次ってどんなひと?

みなさまご存知のとおり、かなり短気な性格だそうで、現場では新人のスタッフや共演者を泣かせたことも。

正義感が強く、「現場は戦場!」という意識を持っており、怒られて泣いた人間に対してはかなり厳しい姿勢を見せる一面もあるようです。

どんなに立場が自分よりも上であろうと、「違うことは違う」とハッキリと言える性格であり、時には吉本の上層部と話し合ったりすることも、若い頃はあったようです。

その反面、同期やファンなど、常識がしっかりとしている人や、困っている人をほっておけない性格でもあるようです。

また、こよなくサッカーを愛する、サッカーファンとしても有名ですよね。

みなさんご存知「スッキリ」の裏番組では、フジテレビ小倉智昭さんの「情報プレゼンターとくダネ!」や、テレビ朝日「モーニングバード」がある中で、淡々とMCをこなし、何年経っても安定した視聴率を稼いでいます。

短気ではありますが、情が厚く、後輩からは「兄貴」と呼ばれていることもあるそうです。

恐いイメージが確かにありますが、後輩の宮迫さんが自粛した際、宮迫さんのユーチューブに率先して出演するなど、優しい後輩想いな一面も話題に。

「イメージの問題もあって、出演にOKを出してくれる人がいなかったから本当に感謝している」と宮迫さんはご本人の前で語っていました。

一言で言えば、男っぽい性格なのかもしれませんね。

あるコント番組で、元AKB48の「渡辺麻友」さんを流れに乗って蹴飛ばしたなどの、ちょっと暴力的な面があるイメージでしたが、もともとの性格はネチッこくないのでさっぱりした性格なのかも。

年収はどのくらいなの?

そんな「兄貴肌」な加藤さんの年収がとんでもない金額だということが話題になっていました。

最近では、加藤さん自身も同意していないまま、吉本興業から契約を解除されたなど、たびたび話の話題になっていますが、実際に年収はいくらほどなんでしょうか?

2013年に、マスコミで報道された年収がなんと「2億円を上回っている」という噂が出回ってから、加藤さんの年収は「どうやらハンパない」という話でもちきりに。

2017年に放送されたAbema TVの「極楽とんぼKAKERU TV」で、加藤さんご本人が自分の年収を暴露していました。

その額は「1億円ないくらい」と回答。

2億はさすがになかったものの、おそらく「8000万~9000万」ほどだと考えられています。

現在は、吉本との契約などの問題もありますが、おそらく加藤さんご本人の不謹慎でもないので、年収は減ることはないと考えられます。

一般常識では、考えにくい金額なので、それはさすがにマスコミも追っかけることでしょう笑

また、加藤さんの自宅はかなりの豪邸との噂も。

さすが年収がそれだけなら、セキュリティ面もしっかりとした場所に住むのは当然かと思います。

加藤さん自身、北海道出身ですが、東京の中目黒にジンギスカン屋「成吉思汗ふじや」を開店しています。

さすが北海道出身だけあるという「本場の」味のうまさで評判となり、経営も順調だそうです。

社長レベルの年収を貰っているなら、やっぱりマスコミに張られてもおかしくないね。

さすが加藤さん。貰っている金額がみんなの予想をはるかに超えていたよね笑

 

「スッキリ」の1本のギャラもとんでもない?!

加藤さんとえば「スッキリ」に出演していることでも知られています。

この「スッキリ」の1回のギャラについても、同じくAbema TVの「極楽とんぼKAKERU TV」で暴露していました。

なんと「スッキリ」1回分のギャラは、「85.000円」

これだけきくと、「あれ、意外と安いのか?」と思いがちなのですが、相場が分からない一般人からするとかなり安く感じますよね。

ただ、業界内ではかなりの大金なのです。

「スッキリ」のギャラを年収に計算してみると・・・・

85.000円×週5日=425.000円×4週=1.700.000円

これを×12ヶ月として計算すると・・

年収はなんと「20.400.000円」

他のレギュラー番組などをはぶいて計算しても、「スッキリ」だけで年収2000円超えになる計算です。

また、加藤さんはスペシャル番組の司会や、ラジオ番組など、多くのメディアに出演されていますので、そこの金額とあわせると、やはり年収は1億近くなるのかもしれませんね。

また、加藤さんは今回、吉本興業と解約した代わりに、「エージェント契約」という形で契約を結んだので、今後はもっとギャラの取り分が増えるのではないかと予想されています。

加藤さんのような、大物タレントになれば、エージェント契約という形のほうが、吉本興業にもメリットが大きいので、両方にデメリットがないため、このような契約方法にしたのかもしれませんね。

「スッキリ」1回分のギャラを聞くと、「安いなあ」と感じるけれど、全体で考えるとかなりの金額。

代わりの効かない業界だからこその値段かもしれませんね。

 

加藤浩二の年収まとめ

なかなか人の年収について、知るきっかけはないかと思いますが、さすがに大物タレントとなってくると、貰っている額か想像できないほどの大金でしたね。

あだ名は「狂犬」と呼ばれているほど、気が強くて短気、時には有名アイドルに暴力を振るってしまうなどの暴れっぷりを見せてくる加藤さん。

それでもなお、芸能界にい続けているのは、根本的なさっぱりとして、情が厚い、良い意味で人間臭い、男らしい性格なので、生き残っているのでしょう。

また、みなさまもうご存知のとおり、MCの腕前はピカイチ。

お笑い芸人というよりも、そのキレッキレな突っ込みと頭の回転の速さは、司会者という職業は天職だったのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました