シンポジウム「芸術作品の評価とその方法」を開催しました


dscn0209
2016年12月24日に、シンポジウム「芸術作品の評価とその方法」をアルスホールにて開催しました。
優秀作品賞の発表と、パネリストとして審査員の斎藤氏、鈴木氏、立島氏、古谷氏、仏山氏をお迎えして行ったパネルディスカッションを通し、約100名の方々がご参加くださいました。

※当初、玉川信一氏が審査員として予定されておりましたが、事情により仏山輝美氏が代役を務めました。

/////////////////////////////////////////////
パネリスト・審査員
斎藤 環/精神科医、批評家、筑波大学医学医療系教授
dsc_0231


鈴木 良一/彫刻家、ユタ州立大学助教
dsc_0232


立島 惠/公益財団法人佐藤国際文化育英財団理事、佐藤美術館学芸部長
dsc_0249


古谷 稔/書学者、東京国立博物館名誉館員
dsc_0236


仏山 輝美/画家、筑波大学芸術系教授
dsc_0238


dsc_0217
 
dscn0218

This entry was posted in 新着情報. Bookmark the permalink.